About

神田望美 フルート・篠笛

 

べルギーを拠点に欧州・日本で活動するフルート・篠笛奏者。

 

これまでに欧州各国、中東、日本において、Festival Midi Minimes、Ars Musica, Festival Mozart、カルタゴ十月音楽祭はじめ、多くの音楽祭・シリーズに出演。Flagey、ブリュッセル音楽院、ブリュッセル楽器博物館、横浜みなとみらい小ホール、東京オペラシティリサイタルホールなどで演奏。師であるマルク・グローウェウルス、西川浩平各氏はじめ、パスカル・モラゲス、フランシス・オルヴァル各氏など著名な音楽家と共演。ベルギー国営ラジオ、フランス、ドイツ、ノルウェー、チュニジアなど各国のラジオ・新聞・TVで紹介されている

 

フルートを専攻する傍ら篠笛を学び、和楽器での古典曲・自作曲・民謡アレンジなどレパートリーとジャンルも幅広い。またフルートや篠笛の独奏曲、室内楽曲など、David Loeb氏(米), Jan Freidlin 氏(イスラエル)など海外作曲家による献呈作品の初演も多い。和楽器と西洋楽器の融合に取り組む。

 

Early 20th Century Jewels(DUX) 東京ブリュッセルトリオアルバムなどのクラシック室内楽、和楽器を使った日本の音楽など、計4点のCDをリリース。ナクソス・アマゾンからも販売中。

 

毎年ディナン夏期国際音楽講習会(ベルギー)で講師を務めるほか、これまでにフランス、ノルウェー各地でセミナー・ワークショップの講師を務め、ブリュッセル・パリで篠笛教室を主宰。大型エキスポJapanExpo(パリ)を始め、文化紹介イベント、コンヴェンションで篠笛、日本の音楽・楽器を紹介する活動も行なう。

 

高橋あかね、植村泰一、故西沢幸彦、マルク・グローウェルス氏に師事するほか、ヴァンサン・リュカ、ヴァンサン・コルトブリント各氏の講習会に定期的に参加。ほか、篠笛・能管の手ほどきを西川浩平氏、藤舎理生氏に受ける。フェリス女学院大学音楽学部、王立モンス音楽院卒、王立ブリュッセル音楽院教職課程修了。

Japanese instruments music

​和楽器

音楽大学在学中、日本の伝統音楽への関心から篠笛の手ほどきを西川浩平氏に受ける。ベルギーで4年間の留学を終え、横笛とフルートの両方で演奏活動を始める。これまでに各地フェスティバルに招待されている。

横笛による演奏は、ポピュラーな民謡アレンジからコンテンポラリーにまで及び、また日本の伝統音楽をフルートにアレンジされたものの演奏も行なっている。David Loeb (Mannes 音楽大学教授 - USA)氏の作品初演など、活動は多岐にわたる。西洋楽器のように、日本の楽器が世界で聞かれること、和楽器愛好家を増えること、日本音楽の音楽感を広めたいと願って活動中。

Contemporary Music

​現代音楽

師である故西沢幸彦氏の音楽活動による影響の下、また、日本の伝統楽器を学んだ経験を受け、神田望美の主な活動の一つは、フルート、篠笛のために書かれた、現代/20世紀のレパートリーを広げることである。

 

日本の作曲家が書いた現代音楽を世界に紹介し、また後進のために新しいレパートリーを作り、現代のヨーロッパ作曲家と協力し篠笛の楽器の可能性を広げ、日本の音楽とその哲学を紹介するに止まらず、ヨーロッパの音楽と合併して新しいスタイルを創造することを目的としている。

Chamber Music

室内楽

東京ブリュッセルトリオ、フルートアンサンブル4TEMPI、フルート・ハープ・ヴィオラのアンサンブル”エスタンプ”などのメンバーとして、またフルート奏者として数々の音楽祭に参加し室内楽奏者として活躍する

© 2023 by KandaNozomiMusic